人事転職サイト&転職エージェント比較ランキング10選【2020年】

人事としてよりよい職場を探したい。もっと年収を上げたい。

そんなときには、人事部門に強い転職サイトやエージェントを選ぶとよいでしょう。

一般の転職サイトにはない求人や、人事を知り尽くしたプロのサポートを受けられます。

今回は、人事の転職サイトや転職エージェントについて紹介するので、参考にしてください。

人事の転職サイト&転職エージェントのおすすめ人気ランキング【2020年】

はじめに、人事の転職サイト&転職エージェントのおすすめ人気ランキングを紹介します。

2020年の情報をもとに整理してみたので、参考にしてください。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】人事の転職

日本の人事部のエージェント!

人事の転職は、日本の人事部が運営する転職サイト&エージェント。

HR領域で働いている方であれば1度は利用したことのあるサイトが、転職支援をしてくれます。

そのため、人事における専門性は他社よりも圧倒的に高いといえるでしょう。

人事で転職したい場合には、まず検討すべき転職エージェントといえます。

料金 無料
強み 人事
求人件数 181件(公開)
エリア 全国
転職サポート
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【2位】MS-Japan

管理部門の転職決定率が売り

MS-Japanは、管理部門の転職決定率が高い転職エージェント。

そのため、人事職として転職したい場合にも頼りになるエージェントです。

応募書類のアドバイスから、面接のアドバイスまでしてもらえます。

転職サポートを受けることで、より理想とする企業へ転職できる可能性が高まるでしょう。

料金 無料
強み 管理部門・士業
求人件数 944件(人事総務の合計)
エリア 全国
転職サポート
応募書類アドバイス/面接アドバイス
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【3位】人事転職.com

人事と労務で1,000件以上の求人あり

人事転職.comは、人事労務の求人を集めたサイト。

1,000件以上の求人の中から、あなたにぴったりの求人が見つかります。

サポートは運営元のJACリクルートメントはがしてくれるので安心。

自分で良い求人を見つけてからエージェントに相談したい人におすすめです。

料金 無料
強み 人事・労務
求人件数 204件(公開)
1,178件(非公開)
エリア 全国
転職サポート
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【4位】人事転職ナビ

ワークポートの人事専門サイト

人事転職ナビは、転職決定人数第一位を誇るワークポートが運営するサイト

人事に特化した求人サイトのため、条件に合わせて求人が探しやすいのが魅力です。

また、人事・労務に精通したコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

求人枠が少ない人事職を知り尽くしたコンサルタントが、書類作成から面接まで相談に載ってくれるのでおすすめです。

料金 無料
強み 人事
求人件数 558件(公開)
エリア 日本全国/海外
転職サポート
面接対策/書類作成のアドバイス
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【5位】リクルートエージェント

人事の求人は3,500件以上と圧倒的

リクルートエージェントは、幅広い業界・職種をサポートしている転職エージェント。

人事職の求人も、公開・非公開を合わせて3,500件以上ありました。

ベンチャーから大手まで、豊富な求人数が売りです。

転職サポートは、業界に精通したアドバイザーがしてくれるので安心できるでしょう。

料金 無料
強み 幅広く
求人件数 149,981件(公開)
159,870件(非公開)
エリア 全国
転職サポート
応募書類の添削/面接対策など
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【6位】ビズリーチ

人事職の高みを目指して転職する方に

ビズリーチは、ヘッドハンターのスカウトがある転職エージェント。

これまで人事職として実績をつくってきた方は、職務経歴書を登録してみましょう。

経歴書の内容によって、ヘッドハンターから声がかかることがあります。

転職市場にあまり出回っていない求人が紹介してもらえることもあります。

料金 無料
強み ハイクラスの転職
求人件数 128,000件(公開)
エリア 国内・海外
転職サポート
ヘッドハンターによる
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【7位】マイナビエージェント

はじめての転職ならマイナビ!

マイナビエージェントは、はじめての転職に最適な転職エージェント。

20代からの信頼が厚く、転職活動になれていない方でも丁寧なサポートが受けられるでしょう。

人事系の求人は公開・非公開の合計で約1,000件。

求人数も多いため、人事で若手の方は検討すると良いエージェントです。

料金 無料
強み 幅広く
求人件数 20,237件(公開)
21,554件(非公開)
エリア 全国
転職サポート
書類添削/模擬面接
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【8位】リクナビNEXT

リクナビだけにしかない求人も豊富!

リクナビNEXTは、限定求人の多い転職サイト。

リクナビだけの求人もあるので、他の転職サイトと並行してい利用するのがおすすめ。

職種で人事を指定すれば、人事に絞った求人も出てきます。

自分で直接企業と連絡や交渉をしたい方におすすめのサイトです。

料金 無料
強み 幅広く
求人件数 41,679件
エリア 全国
転職サポート
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【9位】doda

転職満足度ナンバーワン!

dodaは、転職者満足度の高い転職サイト。

人事の求人は1,700件ほどあり、ベンチャーから大手企業まで求人がありました。

また、年収査定が簡単にできるサイトもあるので、転職の際の参考になるでしょう。

転職を進めていく中で、dodaの転職エージェントを活用することもできるので便利です。

料金 無料
強み 幅広く
求人件数 78,662件
エリア 全国
転職サポート
doda転職エージェントへ登録が必要
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【10位】JACリクルートメント

グローバル企業の人事&キャリアアップを目指すために

JACリクルートメントは、外資系やグローバル企業の転職に強いエージェント。

年収600万円などミドル以上の転職に最適です。

求人件数は多いといえませんが、グローバル企業など他社には少ない転職先もあります。

サポートも充実しているため、利用してみるとよいでしょう。

料金 無料
強み 外資・グローバル企業
求人件数 112件
エリア 全国/海外
転職サポート
応募書類の添削/面接対策
評価 ★★☆☆☆

公式サイトを見る

 

人事の転職サイト&転職エージェントの比較表

名称 人事の転職 MS-Japan 人事転職.com 人事転職ナビ リクルートエージェント ビズリーチ マイナビエージェント リクナビNEXT doda JACリクルートメント
画像
特徴 日本の人事部のエージェント! 管理部門の転職決定率が売り 人事と労務で1,000件以上の求人あ ワークポートの人事専門サイト 人事の求人は3,500件以上と圧倒的 人事職の高みを目指して転職する方に はじめての転職ならマイナビ! リクナビだけにしかない求人も豊富! 転職満足度ナンバーワン! グローバル企業の人事&キャリアアップを目指すために
料金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
強み 人事 管理部門・士業 人事・労務 人事 幅広く ハイクラスの転職 幅広く 幅広く 幅広く 外資・グローバル企業
求人件数 181件(公開) 944件(人事総務の合計) 204件(公開)
1,178件(非公開)
558件(公開) 149,981件(公開)
159,870件(非公開)
128,000件(公開) 20,237件(公開)
21,554件(非公開)
41,679件 78,662件 112件
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

人事の転職サイト&転職エージェントのQ&A

最後に、人事の転職にまつわるよくある疑問を解決していきます。

①人事に未経験から転職できる?

可能です。

特にIT業界など人材不足の業界などでは採用数も多くなっています。

転職エージェント等に相談しながら、転職活動をすすめていくのがおすすめです。

②人事って転職に有利?転職しやすいの?

有利とも不利ともいえないでしょう。

あなたの実績や経験によるところが大きいといえます。

そのため、あなたのよさが企業に伝わるように、職務経歴書や面接でのアピールできるよう準備しましょう。

転職エージェントを活用すると、あなたの良さを客観的に評価してもらえるのでおすすめです。

③人事におすすめの転職エージェントは?

人事の転職がおすすめです。

人事の悩みを解決したり情報提供をしている「日本の人事部」が運営しています。

多くのHR系のノウハウや知識をもとに、転職サポートをしてくれるでしょう。

④人事の転職理由って何を書いたらいい?

マイナビ転職では、「人事対決」として転職理由の例やアドバイスがあります。

そのため、これから転職理由について推敲する場合には参考にしてみてください。

>>>vol 61 人事対決!足りなかった人事の視点とは? / 実録! 激辛面接攻略法

⑤人事の転職で志望動機って何を書けばいい?

人事の転職で、志望動機のアドバイスがありました。

そこに書かれていたポイントは以下の3点です。

●人事の仕事の魅力
●他社にはない人事部の魅力
●経営への貢献

(引用元:人事の志望動機、志望理由や自己PRを例文(サンプル)を交えてご紹介

この3点を軸に自分の考えを整理していくと、担当者に伝わる志望動機が書けるでしょう。

サイトの中では、志望動機例文が複数のっているので参考にしてください。

>>>人事の志望動機、志望理由や自己PRを例文(サンプル)を交えてご紹介

⑥人事の転職は難しい?

どちらともいえません。

これまで人事の経験がある方の場合には、経験や実績が問われます。

未経験の場合には、いかに人事の仕事がしたいのかが焦点になるでしょう。

どちらの場合にも、あなたの良さが伝わるように書類選考や面接の対策をすすめましょう。

⑦人事に強い転職エージェントは?

人事の転職です。

おすすめでも紹介したように、日本の人事部におけるノウハウが強みです。

HRで転職するなら、まず人事の転職を検討してみましょう。

⑧人事の転職フェアってある?

dodaでは、大きな転職フェアと、資格や経験を生かせる転職フェアセレクトがあります。

転職フェアセレクトの中で、人事専門のフェアが実施される可能性があるので確認するのがおすすめです。

もちろん、通常の転職フェアでも人事の募集はあるでしょう。

>>>doda転職フェア – あなたの希望に合わせて選べる転職イベント |転職ならdoda(デューダ)

⑨人事の転職活動で気をつけることは?

あなたが「転職希望先でどのように貢献できるのか」という視点を持ちましょう。

人事として転職する場合には、採用等を含め会社の管理部門として配属されることになります。

「新卒や中途の採用業務の経験があるため、転職後に○○したい」や「人事評価に携わってきた○○という経験を生かして、御社でも△△△したい」など具体的にアピールをすることが大切です。

⑩人事で転職したいときには、何からはじめたらいい?

まずは、転職理由を洗いだします。

その上で、いつまでに転職したいのかなどスケジュールを立てていくのがおすすめです。

スケジュールを組む際には、現職の繁忙期等も踏まえておくことが必須。

転職活動で休暇を取得する際に、繁忙期だと休みが取りにくいこともあるでしょう。

大まかな計画がたったら、転職サイトやエージェントへの登録をはじめます。

本記事等を参考にしながら、あなたに合う転職サイトやエージェントを探していきましょう。

⑪人事で外資に転職したい場合におすすめは?

JACリクルートメントがおすすめ。

グローバル企業や外資系企業に強みがあるため、外資に合う転職サポートをしてくれるでしょう。

英文レジュメのんてんさくもしてくれるので、英語が不安な方でも安心です。

人事の転職サイト&転職エージェントのまとめ

今回は、人事の転職サイト&転職エージェントを紹介しました。

 

転職サイトやエージェントは複数登録するのがおすすめです。

複数登録することで、転職の効率を上げることができるでしょう。

あなたに合うサービスを見つけ、転職が成功できることを祈っています。

もう一度ランキングを見る