弁護士転職サイト&転職エージェント比較ランキング10選【2020年】

「新しい事務所に転職したい」、「インハウスロイヤーとして働きたい」。

そんなときには、弁護士に特化した転職サイトやエージェントを活用するのがおすすめです。

一般の転職サイトでは手に入らない、弁護士専門の求人を見つけられるでしょう。

本記事では、弁護士・法務系の転職サイトやエージェントを紹介していきます。

弁護士の転職サイト&転職エージェントのおすすめ人気ランキング【2020年】

はじめに、弁護士の転職サイトや転職エージェントのおすすめ人気ランキングを紹介します。

2020年の最新情報をもとに作成したので、参考にしてください。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】リーガルジョブボード

法律系専門の転職サイト

リーガルジョブボードは、弁護士をはじめとした法務に強い転職サイト。

転職サイトであるものの、スカウト機能があるなど機能面も優れています。

エージェントを活用しない分、他サイトにないような求人が見つかる可能性も高いでしょう。

また、直接採用担当者とメッセージでやりとりできるのも場合によってはメリットとなります。

料金 無料
求人件数 397件
※弁護士系のみ
専門分野 法律系(弁護士、司法書士、弁理士、社会保険労務士、土地家屋調査士、測量士、専門事務等)
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載あり
転職サポート
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【2位】リーガルネット

インハウスロイヤーの求人も多いエージェント

リーガルネットは、管理部門に強い転職エージェント。

また、弁護士についても300件以上の公開求人と、非公開求人も豊富にあります。

そのため、あなたに合う事務所や企業を紹介してもらいやすいでしょう。

応募書類の書き方からアドバイスがもらえるので、内定の確率をあげることができるでしょう。

料金 無料
求人件数 310件(公開求人)
※弁護士資格が必要な求人のみ
専門分野 弁護士、法務、管理部門
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載あり
転職サポート
応募書類の書き方/面接のアドバイス等
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【3位】SACT 弁護士専門エージェント

士業専門のエージェントが対応

SACT 弁護士専門エージェントは、士業専門の転職エージェント。

弁護士にも対応しており、他の士業の動向も知ったエージェントが転職支援をしてくれます。

エージェントのコンサルタントについても、サイト上に掲載されているので安心。

てのサポートを無料で受けられるので、はじめての転職で不安という方にもおすすめ。

料金 無料
求人件数 13件(公開求人)
専門分野 弁護士を含む士業
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載あり
転職サポート
履歴書や職務経歴書の作成アドバイス/面接対策
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【4位】弁護士ドットコムキャリア

弁護士ドットコムのネットワークであなたをサポート

弁護士ドットコムキャリアは、弁護士ドットコムが運営する転職エージェント。

弁護士ドットコムのネットワークを生かした求人を紹介してもらえます。

また、もしも現職で弁護士ドットコムを利用していたとしても、情報はきちんと管理されているので心配ありません。

護士事務所をはじめ、インハウスロイヤーも募集されているので幅広いサポートが受けられます。

料金 無料
求人件数 10件(公開求人)
専門分野 弁護士
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載あり
転職サポート
応募書類の添削/面接対策
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【5位】弁護士求人.jp

直接もエージェントも利用可

弁護士転職.jpは、C&Rリーガルエージェンシー社が提供している弁護士転職サイト。

直接応募できる企業が多いので、自分のペースで転職したい方に最適。

また、転職を進める中でサポートを受けたくなったときには、C&Rリーガルエージェンシー社のサポートを受けられます。

どちらも選択肢があるので、まだ転職を検討中の方にも最適です。

料金 無料
求人件数 490件
専門分野 弁護士、法務関連
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載
転職サポート
C&Rリーガルエージェンシー社がサポート
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【6位】弁護士転職NAVI

年間1,500件の相談実績あり!

弁護士転職NAVIは、非公開求人が多数ある弁護士の専門転職エージェント。

年間1,500件の相談件数があり、豊富なノウハウが蓄積されています。

また、弁護士を主に専門としていることから、弁護士ならではの悩みも相談しやすいでしょう。

サイトからの登録も電話からの相談もできるので安心です。

料金 無料
求人件数 非公開
専門分野 弁護士・法務系
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載
転職サポート
履歴書・職務経歴書の添削/面接の心構えや事前アドバイス
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【7位】弁護士転職.com

JACが運営する弁護士転職サイト!

弁護士転職.comは、JACリクルートメントが運営する弁護士転職サイト。

JACは外資系にも強いので、外資のインハウスロイヤーを狙っている方にもおすすめ。

また、主にインハウスロイヤーの求人が多いので事業会社に勤めたい方でも安心。

転職サイトとしてもエージェントしても利用できるでしょう。

料金 無料
求人件数 322件(公開)
1294件(非公開)
専門分野 弁護士
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー 主にインハウスロイヤー
転職サポート
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【8位】ジュリナビキャリア

ジュリナビレポートで情報収集

ジュリナビキャリアは、情報収集にも最適な転職エージェント。

「ジュリナビレポート」と名付けられたレポートには、5大事務所に関する情報や司法試験に関する情報、各種ランキングがあります。

そのため、転職市場を理解するためにも役立つでしょう。

もちろん、転職エージェントしてもサポートも万全です。

料金 無料
求人件数 件数非公表
専門分野 弁護士・法務
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー ともに掲載
転職サポート
応募書類のアドバイス/面接対策/筆記試験等の対策/面接終了後のフィードバック
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【9位】アットリーガル

メールマガジンで新着情報ゲット

アットリーガルは、法律事務所の求人を掲載している転職サイト。

件数は多くありませんが、他サイトにはない求人が載っている可能性があります。

また、メールマガジンに登録をしておけば、新着求人の情報が手に入るのも魅力。

そのため、とりあえず登録しておくのもおすすめです。

料金 無料
求人件数 9件(公開)
専門分野 弁護士・法務
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー 弁護士・法律事務所のみ
転職エージェント
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【10位】法務求人.jp

法務・知財の求人が見やすい

法務求人.jpは、法務や知財の求人が集まる転職サイト。

そのため、インハウスロイヤーなどを目指す方には最適です。

転職エージェントとしてのサポートは、C&Rリーガルエージェンシー社が対応してくれます。

そのため、転職サイトとしてもエージェントとしても活用できます。

料金 無料
求人件数 230件
※法務の求人のみ
専門分野 法務・知財等
弁護士・法律事務所/インハウスロイヤー インハウスロイヤーが中心
転職エージェント
C&Rリーガルエージェンシー社がサポート
評価 ★★☆☆☆

公式サイトを見る

 

弁護士転職サイト&転職エージェントの比較表

名称 リーガルジョブボード リーガルネット SACT 弁護士専門ネージェント 弁護士ドットコムキャリア 弁護士転職.jp 弁護士転職NAVI 弁護士転職.com ジュリナビキャリア アットリーガル 法務求人.jp
画像
特徴 法律系専門の転職サイト インハウスロイヤーの求人も多いエージェント 士業専門のエージェントが対応 弁護士ドットコムのネットワークであなたをサポート 直接もエージェントも利用可 年間1,500件の相談実績あり! JACが運営する弁護士転職サイト! ジュリナビレポートで情報収集 メールマガジンで新着情報ゲット 法務・知財の求人が見やすい
料金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
求人件数 397件
※弁護士系のみ
310件(公開求人)
※弁護士資格が必要な求人のみ
13件(公開求人) 10件(公開求人) 490件 非公開 322件(公開)
1294件(非公開)
件数非公表 9件(公開) 230件
※法務の求人のみ
専門分野 法律系(弁護士、司法書士、弁理士、社会保険労務士、土地家屋調査士、測量士、専門事務等) 弁護士、法務、管理部門 弁護士を含む士業 弁護士 弁護士、法務関連 弁護士・法務系 弁護士 弁護士・法務 弁護士・法務 法務・知財等
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

弁護士の転職サイト&転職エージェントのQ&A

ここでは、弁護士の転職にまつわる疑問を解消していきます。

①弁護士に最適な転職エージェントは?

一番のおすすめはリーガルネットです。

法務等や弁護士などの管理部門で実績があるため、安心してサポートを受けられます。

事務所を目指す方も、事業会社を目指す方にもおすすめです。

②弁護士の転職でインハウスロイヤーを目指すことは可能?

可能です。

ただし、弁護士事務所で働くのとは違うスキルを求められることが多いです。

業務内容も、事業会社の一員とした働くことになるため変わってくるでしょう。

転職のノウハウを知りたい場合には、転職エージェントを活用することをおすすめします。

③弁護士の転職で「ひまわり」が有名って聞いたんだけど・・・?

ひまわり求人求職ナビのことでしょうか。

日弁連が運営しているサイトで、法律事務所・インハウスロイヤー、官公庁を含めた給仕があります。

そのため、登録しておいても損はないでしょう。

④弁護士で転職したいときには何からはじめたらいい?

まずは、転職理由を明らかにするとよいでしょう。

また、その転職理由を満たせるのは、弁護士事務所なのか事業会社なのかを検討するのがおすすめ。

迷ったときには、転職エージェントと面談するのがおすすめです。

客観的な視点から、あなたのキャリアをサポートしてくれます。

⑤弁護士の転職先ってどんなところ?

他の法律事務所に転職する場合や、民間企業でインハウスロイヤーとして働くことが多いです。

また、自治体で働く場合や独立する場合もあるでしょう。

もちろん、弁護士資格を生かさずに働く選択もあるでしょう。

⑥弁護士の転職で西田さんって方はいる?

西田章さんでしょうか。

第一東京弁護士会で、キャリアコンサルティングやヘッドハンティングをされています。

公式サイトや著書もあるので、参考にしてみて下さい。

⑦弁護士の転職支援ってどこでしているの?

主に転職エージェントがしてくれます。

ランキングで紹介している中で、サポートに○がついていれば支援をしてもらえますよ。

今回のランキングで紹介したサービスは全て無料で利用できるので、活用してみてください。

⑧弁護士の転職で面接対策はどうしたらいい?

面接は、自分のスキルが応募先とマッチングしているのかを伝えるのが大切。

そのため、あなたのこれまでの実績を棚卸しし、端的に伝えられるように練習しておくとよいでしょう。

不安な場合には、面接サポートのある転職エージェントを活用するのがおすすめです。

⑨弁護士の転職で「転職会議」って使える?

使えます。

ただし、法律事務所によっては記載がなかったり、信憑性に欠けるものもあるので注意が必要です。

主に退職者が書いている口コミなので、ネガティブな面が強調されている可能性があります。

口コミは参考程度に見るのがおすすめです。

弁護士の転職サイト&転職エージェントのまとめ

今回は、弁護士の転職サイトや転職エージェントを紹介してきました。

それぞれのサービスにより、求人は変わってきます。

そのため、良いと思ったサイトには複数登録をして転職活動をするのがおすすめです。

豊富な情報をもとに転職活動を進めると、よりあなたの理想に合う求人が見つかるでしょう。

転職サービスを効果的に活用し、内定を獲得することをお祈りしています。

もう一度ランキングを見る